×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

ダイエットの正しい基礎知識

「今後こそ痩せるぞ」と意気込んだら最初にやってほしいこと。
それは「ダイエットの正しい基礎知識」を身に付けることです。
世の中には無数のダイエット法がありますが正しい方法は絶対にかかせません。
知識をテキトーにしているといくらがんばって続けても太るだけ。たとえ痩せてもリバウンド必須。
「そんなこと知っているよ」ということもおさらいのつもりでチェックしてみてくださいね。

 

■太るメカニズムとやせるメカニズム

 

■摂取カロリーと消費カロリー

 

■ダイエットの決め手は基礎代謝

 

■基礎代謝が低いのはこんな人。

 

■基礎代謝をアップさせる方法

 

■まずは肥満度チェック

 

■標準体重に近づけよう

 

■ワンランク上を目指したいひとは

 

■適性摂取カロリー

 

■成長期のダイエットは危険がいっぱい

 

■停滞期

 

■リバウンド

 

 

後でゆっくり見たいと言う方は当サイトをお気に入り登録されておくと便利ですよ^^



 

 

ダイエットの正しい基礎知識エントリー一覧

■太るメカニズムとやせるメカニズム
■太るメカニズムとやせるメカニズム太るメカニズムはいたって単純で「太る」というのは摂取カロリーが消費カロリーを上回りあまったカロリーが脂肪として体に蓄積された結果です。裏を返せば消費カロリーが摂取カロリーを上回ればちゃんと痩せるということなんですね。じゃあ脂肪1kg減らすためには一体どれくらいのカロリーを消費すればいいの?答えは「摂取カロリー」-「消費カロリー」=「7200kcal」です!個人差はありますが7200kcalとは体重55kgの人が約60時間散歩するか、または約13時間半水泳(平泳ぎ...
■摂取カロリーと消費カロリー
■摂取カロリーと消費カロリー摂取カロリー口にした食べ物から発生するエネルギーのことで糖質脂質たんぱく質の3つに分けられます。消費カロリー体の中で使われるエネルギーのことで基礎代謝量活動代謝量食事誘発性熱代謝量の3つに分けられます。基礎代謝・・・中でも一番ウエイトが高いのが基礎代謝で全体の60〜70%をしめます。これはまったく体を動かさなくても呼吸をしたり体温を保ったり心臓を動かしたりすることで消費する、生命を維持するために必要なエネルギーのことです。※20代女性であればこの基礎代謝量だけで1日に...
■ダイエットの決め手は基礎代謝
■ダイエットの決め手は基礎代謝他の人たちと「食べる量は同じなのに私だけ太っちゃう」という場合はたいてい基礎代謝が関係しているようです。基礎代謝の中でもっとも消費量が多いのが筋肉。体の組織の約40パーセントは筋肉でできていて筋肉の量が多ければ多いほど基礎代謝量はアップし消費エネルギーは大きくなります。だから同じ体重の人が同じ量を食べても結果に差が出るわけですね。というわけでいくらがんばっても痩せられない人はとにかく基礎代謝を意識したダイエットを心がけましょう。ちなみに基礎代謝は一般的に男性よりも女...
■基礎代謝が低いのはこんな人
■基礎代謝が低いのはこんな人冷え性肩こり、腰痛持ち運動不足貧血気味体温が36度未満ちょっと食べただけですぐ太る体脂肪が高い便秘気味月経不調低血圧あまり汗をかかない等・・・
■基礎代謝をアップさせる方法
■基礎代謝をアップさせる方法筋肉をつける脂肪の燃焼を促進する、食べ物・サプリメントをとる柑橘系の香りを嗅ぎ自律神経の働きを高める体を柔軟にして血行を良くする室温を低めにして、体が熱を生む作用を上げる代謝を上げるハーブティを飲む。
■まずは肥満度チェック
■まずは肥満度チェック肥満は体重ではなく体全体に占める脂肪の割合「体脂肪率」で判断します。いかに体重が軽くても筋肉が少なくて脂肪だらけの人は「隠れ肥満」と呼ばれる立場な肥満です。体脂肪を測るには体脂肪計を使いますが、もしもっていなかったら体脂肪率と密接な関係にあるBMI(body miss index)でチェックして。BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))※一番健康的なのはBMI値"22"だといわれています。18.5未満低体重18.5以上〜25未満普通25以上〜30未満肥満(1度)30...
■標準体重に近づけよう
■標準体重に近づけよう肥満は「糖尿病、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、胆石、腰痛」などの病気を招く主な原因になります。また特に女性の場合は、ホルモンバランスが崩れやすくなるので、月経不調、不妊症、子宮がん、乳がんなどの深刻な病気を引き起こしやすいです。だから「見た目なんてどうでもいいや」という人もせめて標準体重に近づけましょう。でもこのサイトに来た方はそんなこと思っていないですよね?キレイに痩せるために、頑張るためにきたのだから。やはり心も体もきれい痩せするとほんと毎日が楽しくってしょうがな...
■ワンランク上を目指したいひとは
■ワンランク上を目指したいひとは標準体重じゃ物足りない!という欲張りなひと派のあなたの為に美容体重モデル体重の測り方を教えちゃいます!でもあくまでも健康的なのは「標準体重」なのであんまり無理しちゃダメ。痩せすぎは健康を害しますよ。★スリムなボディ 美容体重=身長(m)×身長(m)×20(例)身長160cmの場合 1.6×1.6×20=51.2kg★モデル並のボディモデル体重=身長(m)×身長(m)×19(例)身長160cmの場合 1.6×1.6×19=48.6kg
■適性摂取カロリー
■適性摂取カロリー標準体重×(25〜35)=1日の適性摂取カロリー身長160cmの人のばあい、標準体重が56.3kgになるので、(1.6×1.6×22=56.3kg)1日の適性摂取カロリーは1407〜1970kgになります。数字に幅がありますが、これはあなたの1日の運動量によって決まります。まったく運動しないひと=1407kcalかなり運動するひと=1970kcalこの適性摂取カロリーを守っていればやせもしないし太りもしません。だから痩せたいひとは適性摂取カロリーを守るだけではなくより多くのエネ...
■成長期のダイエットは危険がいっぱい
■成長期のダイエットは危険がいっぱい若い女の子ほど「できるだけやせたい」と思いがちですが小中高生のダイエットに関しては注意が必要です。成長期に過激なダイエットをすると卵巣の働きが衰えて生理不順無月経不妊症などにかかることがあります。また女性ホルモンが不足するので物忘れやイライラがひどくなったり「10代にして更年期障害」なんていう危険性も。さらに骨の育ちが悪くなり、骨の中身がもろくなっていきます。案外知られていませんが10代のうちに骨を育てておかないともう骨の量は一生増えないんです。だから無理なダ...
■停滞期
■停滞期ダイエットを開始してはじめはトントン拍子で落ちていた体重がある日突然まったく減らなくなる。食生活も運動量も変えていないのにどうして・・・。これは「ダイエットの停滞期」と言われるものでこれをうまく乗り切れるかどうかがダイエット成功の鍵をにぎっています。停滞期がやってくる理由は主に二つ。まず1つは体の防衛反応が働くためです。人間の体はよくできていて、傷ついて血が出ればかさぶたを作って傷口をふさごうとします。これと同じでダイエットで体の栄養が不足すると少ない脂肪や糖分を体に蓄えようとするのです...
■リバウンド
■リバウンド「ダイエット成功!」って喜んでいたのもつかの間、しばらくして体重計に乗ってみたらリバウンドしていた・・・これは恐怖いがいの何者でもありませんね。ダイエットをすると少ないエネルギーで体を維持できるようになるので、ダイエット後に食事量を元に戻すとエネルギーが余り、これが体脂肪に変わってしまいます。しかも悲しいことにリバウンドで増えた体重のほとんどは脂肪です。だからリバウンドを繰り返せば繰り返すほど太りやすくやせにくい体質になるんですね。食事量を減らすだけのダイエット短期間で急激にやせるダ...
■太ると起こる健康障害
■太ると起こる健康障害脂肪があまりにも増え、太ると糖尿病高血圧高脂血症などの生活習慣病を合併するからです。肥満が多くの合併症を伴うのは、脂肪細胞が、単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、多くの合併症を引き起こすホルモンを多数分泌しているからです。例えば、インスリン抵抗性の糖尿病の元凶となる腫瘍壊死因子(TNF−α)、高血圧症の原因になりうるレプチンやアンギオテンシノーゲン、さらには、動脈硬化の元凶となるアディポネクチンなどのホルモンを分泌しています。さらにこれらの合併症は、今ある体重から5〜10%減...
■偏ったダイエットの危険性
■偏ったダイエットの危険性*極端に偏った食品摂取によるダイエット一品目のみを食べるダイエットでグレープフルーツダイエット、りんごダイエット、パイナップルダイエット、ゆで卵ダイエットなど一時期はやりましたね。もしくは今現在実行している方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。これらは体重は減少しても、ビタミン欠乏性多発性末梢神経障害筋力低下知覚異常口内炎不整脈意識消失発作月経不調生理不順などの重篤な障害を起こす症例が相次いで報告されています。しかも飽きて続かないので良いことなし。健康あってのダイ...
■ちょっとまって!あなたは本当に太っているんですか?
■ちょっとまって!あなたは本当に太っているんですか?ダイエットをするまえにまず冷静になって考えてみましょう。自分は本当に太っているのかどうかを。現に太っていると誤解している女性は多く何と八割もいるということです!あなたももしかしてその一人?太っているかの判定は厳密にはからだの全体の脂肪量を正確に測らなければいけないのですがそれには装置や測定技術などの多くの問題が有り自分では正確には測れないのです。そのために一般的には肥満度の目安として身長、体重の数値を使った数式で標準体重を求める方法や皮下脂肪よ...
モデ痩せ
やることは食事を変えるだけ、ホントにこれで痩せるんです!モデルの卵だった藤田萌子が驚くほど細く、美しく痩せて、公式ブログで激やせ告白。↓↓↓ 芸能人に今、大ブレイク中の、最新ダイエットはこちらをクリック! ↓↓↓ぽっこりとした下腹やぷよぷよの二の腕、気になりますよね。ダイエットを始めたら、少しは細くなるかと思ったのになかなか効果が出てこなくて、イライラした経験ありませんか?ダイエットは体重を落とすことだけではありません。身体全体をシェイプアップし、今より美しいボディラインを作ること。だから食べる...