×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

痩せる【飲み物】特集

ダイエット効果のある飲み物

 

ミネラルウォーター

 

にがり水

 

五穀ミルク

 

粉ミルク

 

きなこ牛乳

 

ココア

 

きなこココア

 

りんご酢

 

お茶

 

 

後でゆっくり見たいと言う方は当サイトをお気に入り登録されておくと便利ですよ^^



 

 

痩せる【飲み物】特集エントリー一覧

ミネラルウォーター
ミネラルウォーター【飲み方】1日1〜1.5リットルの冷えすぎていない水を数回に分けて飲みます。【効果】利尿作用によって老廃物を出し、内臓や腸を刺激して新陳代謝を上げます。さらに代謝をアップさせたいひとはマグネシウムなどのミネラルが多い「硬水」をチョイス!
五穀ミルク
五穀ミルク【飲み方】穀物5種類を混ぜた牛乳を1日1〜2回飲みます。【効果】カルシウム、ビタミンB2がたっぷり。また食物繊維も豊富なので食前に飲むことで食事量を減らせます。牛乳との組み合わせで便秘解消にも大活躍。五穀ミルクの作り方1.お好みの穀物5種類(玄米・赤米・麦・はとむぎ・あわ・ひえ・きび・大豆など)をすり鉢を使って細かくします。できるだけ細かくすったほうが飲みやすく吸収率もアップします。お好みで穀物を3〜8種類に変えてもOK。2.フライパンを使ってすり終えた穀物を弱火でから煎り。キツネ色に...
粉ミルク
粉ミルク【飲み方】粉ミルク60〜70g(スプーン4杯程度)をお湯(熱すぎないように)250ccで溶いた飲み物を1日1回、1食分として取ります。【効果】「赤ちゃん用」の飲み物だけに栄養バランスも腹持ちもバッチリ!ただ大人が飲むと粉ミルクに含まれる乳糖が吸収されにくく、下痢を起こすことも。そのときは粉ミルクの量を減らしてみてくださいね。間違っても粉ミルク下痢ダイエットなんて実行しないように。
きなこ牛乳
きなこ牛乳【飲み方】牛乳200ccにきなこを小さじ2杯入れた飲み物を1日1〜2回飲みます。飲みづらい場合はハチミツを少量加えてみてください。【効果】きなこにはたんぱく質脂肪ビタミンB1・B2ミネラルがバランスよく含まれ、大豆そのものよりも吸収率が高いのが特徴です。
ココア
ココア【飲み方】朝食と昼食の間、昼食と夕食の間に1杯ずつ飲みます。もちろん砂糖を入れすぎちゃダメです!ですので市販の砂糖の入っていないココアを用意しましょう。【効果】食物繊維がたっぷり。またリラックスや体温アップの効果があります。ダイエット中のイライラを抑えるのに利用しましょう。
にがり水
にがり水【飲み方】にがりを水に溶かし、1日1〜1.5リットルを数回に分けて飲みます。水1リットルに対して「液状のにがり」ならば2〜4cc、「粉状態のにがり」ならば1〜2gを溶かしてください。【効果】体が糖分や脂肪を吸収するのを遅らせ、血糖値やコレステロールを下げてくれます。便秘二日酔い美肌などにも効果ありです。
きなこココア
きなこココア【飲み方】豆乳200ccココア小さじ1小麦胚芽小さじ1ビール酵母小さじ1ハチミツ小さじ1スキムミルク小さじ1を混ぜた飲み物を1日1回、1食分としてとります。(短期間で痩せたい場合は2食分)※スキムミルク・・・牛乳からクリームを分離したもの。牛乳と比べて脂肪分、カロリーが低いわりにたんぱく質、カルシウムはそのままだから最高のダイエット食材なんです。※小麦胚芽・・・小麦を精製するときに出るヌカに混ざった胚芽。ビタミンB1、ビタミンB2ビタミンB6、鉄分、カルシウムなどの栄養素がたっぷり!...
りんご酢
りんご酢【飲み方】りんご酢20ccを水で10倍に薄めた飲み物を1日3回飲みます。期間は最低1ヶ月。【効果】りんご酸、クエン酸、酢酸が体脂肪の蓄積を防ぎます。食前に飲めば便秘にもしっかり効きます。またカリウムが豊富なので水太りの人にも○。※ラベル表示をよくチェック。品名が「清涼飲料水」ではなく「酢」または「りんご酢」になっているものをセレクト。※飲みづらいひとはレモン汁を加えてみてください。
お茶
お茶ルイボスティーフラボノイド成分が豊富でその量なんと緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍。フラボノイドにはガンや成人病の原因のひとつである活性酸素を除去する働きあり。ミネラルもたっぷりだから美肌作りにぴったり!緑茶緑茶に含まれるカテキンが脂肪の代謝を高め、体脂肪を燃やしてくれます。茶葉に注ぐと約4割のカテキンが失われるので、茶葉をすり鉢ですって細かくしたものをふりかけにして食べるのもあり。ウーロン茶(鉄観音)ウーロン茶ポリフェノールとカフェインが脂肪の分解を助けてくれるので油っこい料理のお供にどう...